トップ > 法人のお客さま > あんしんステイIoT

宿泊事業運営をしっかりサポート

あんしんステイIOT

運用業務を約1/3に削減可能!

資料請求・お問い合わせ

お知らせ
2019.11.06
あんしんステイIoTに「株式会社グランドゥース様」の導入事例をアップしました
2019.09.04
楽天コミュニケーションズとグランドゥース、民泊運営支援サービス「あんしんステイIoT」をグランドゥース全施設へ順次導入開始
2019.09.03
eレジカに「サービス紹介(導入事例含む)」の動画をアップしました
2019.09.03
あんしんステイIoTに「導入事例」「サービス詳細とご利用者インタビュー」の動画をアップしました
2019.06.25
楽天コミュニケーションズ、宿泊者名簿情報をクラウド上で保管・管理する新サービス「eレジカ」を提供開始
2019.06.10
一棟貸し切りでくつろげるバケーションにぴったりの新施設「Rakuten STAY VILLA」1号店が沖縄・宮古島にオープン!
2019.06.10
楽天LIFULL STAYとHyAS&Co.が提供する戸建型宿泊施設「Rakuten STAY HOUSE x WILL STYLE」
4月6日 山梨県富士吉田、河口湖、4月10日 滋賀県近江八幡にオープン!
2019.04.12
北海道の導入事例を2件追加
2019.03.28
沖縄、大阪、博多の導入事例を3件追加
2019.02.08
Rakuten STAY HOUSE x WILL STYLE、あんしんステイIoTを採用
2019.02.06
楽天コミュニケーションズ、「第二回 民泊運営に関する意識調査」結果を発表
2019.01.22
MASSIVE SAPPORO、楽天コミュニケーションズが提供する「あんしんステイIoT」を本格導入
2019.01.09
無料のクラウド型サイトコントローラー「ねっぱん!」との連携開始
2019.01.04
スマートロックのページをリニューアル
2018.11.14
大京穴吹不動産の大阪特区民泊物件に「あんしんステイIoT」導入開始

あんしんステイIoTとは

宿泊事業の運営には、「宿泊者名簿作成」、「本人確認」、「鍵の管理」、「個人情報の管理」、「宿泊者のサポート」など多くの作業が発生し運営の負担になっています。

「あんしんステイIoT」は、そんな手間や労力を約1/3(注)に軽減出来るIoTサービスです。

導入事例

サービス詳細とご利用者インタビュー

サービス概要

サービスイメージ

サービスイメージ

物件オーナー様、不動産事業者様の
様々な手間を省いて効率化します!

  • 本人確認
    操作性とセキュリティ
    今までは対面のみだった本人確認が、タブレットを使用したテレビ電話でも可能に。法律・省令・条例に則った本人確認・宿帳の取得が効率的になります。
  • 鍵の管理
    豊富な標準機能
    待ち合わせなどで行っていた鍵の受け渡しを、スマートロック(電気錠)を導入することにより、鍵の管理が不要に。暗号化によりセキュリティも確保出来ます。
  • 個人情報の管理
    豊富な標準機能
    大きなリスクを孕む個人情報の管理を、楽天コミュニケーションズがお客さまに代わり安全に取得・管理します。
  • 宿泊者のサポート
    豊富な標準機能
    タブレットを使用したテレビ電話で通話料を気にすることなく、宿泊者からの緊急のご連絡や様々なお問い合わせに迅速な対応ができます。

    ※オペレーター人員はサービス対象外です。

USE CASE

大京穴吹不動産の大阪特区民泊物件に導入

エクセレントOBPバンクス

「民泊事業における個人情報管理や稼動状況の確認、タブレットを使った入居者とのコミュニケーション対応など一元管理が実現可能になりました。民泊以外の旅館業法許可取得済物件などの宿泊事業施設においても、IoTを活用したスマートで安全な本人確認が可能となります。」

運用コスト(時間)を約1/3(注)に削減可能!

例えば一部屋あたり80分かかっていた対応時間を27分程度に削減することが出来ます。
物件数拡大の際も効率よく運用できます。

一部屋あたりの運用コスト比較例

一部屋あたりの運用コスト比較例

注意事項

(注)代表的な宿泊施設運用フローを33項目に細分化し、「あんしんステイIoT」導入前後においてそれぞれの項目毎の平均運用工数を机上で割り出し算出(当社調べ)

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

●お電話でのお問い合わせ
050-5433-3670
10:00~19:00(年中無休)

利用規約