楽天コミュニケーションズ株式会社

⽇本経営品質賞受賞

顧客の視点から経営全体を見直し、
自己革新を通じて新しい価値を創出し続ける「卓越した経営の仕組み」を有する企業を表彰する制度です

お知らせNews

ご挨拶Greeting

このたび、当社は 2021 年度「日本経営品質賞 大企業部門」を受賞いたしました。身に余る光栄で社員一同非常に感動しております。
当社は2000年IP電話のパイオニアとして創業し、2007 年に楽天グループの一員となりました。楽天グループに入る前の経営的に苦しい時期を乗り越え、楽天グループの一員となった後も、グループのシナジーを生かし安定的な成長を実現していくための道のりは決して容易なものではありませんでした。
このような状況下、2015年、私は当社の会長に着任しました。「社員が幸せになればお客様も幸せにできる」という理念のもと、当社が目指すべき独自性として“社徳”を掲げ、お客様の魂を揺さぶる活動を実践する人財共育を全社員に 強く訴えかけました。
今回の受賞では、「価値観が社員全員に浸透している」、「まだまだ伸びしろがある」、「変革し続けている」など、身に余る評価をいただき、自社では気づかなかった学びがありました。
今後も当社の強みをさらに磨きながら変革し続け、新たな価値創造にチャレンジすることでお客様のデジタル・トランスフォーメーションをご支援してまいります。そして、多くの企業のお手本となれる様、引き続き経営品質向上活動に取り組んでまいります。

代表取締役会長 CEO

平井康之

経営品質向上活動の振り返り動画Activities

楽天コミュニケーションズの経営品質向上の取り組みApproach

月次締め会

経営情報の全社共有と情報発信の場として毎月末に全社員が参加する「締め会」を実施しています。役員からの業績共有や施策紹介があるほか、現場の社員にとっても自身の言葉で発表する場となっています。

楽コムアワード

R Star

Quality Journey

社員の一体化促進と経営ビジョンの浸透を図る、独自の経営品質向上プログラムです。2016年12月より開始し、マネジメント層を中心とした第一世代から現在は第六世代まで進んでいます。他社事例の学習とグループディスカッション、自組織のセルフアセスメントに取り組みます。

QBR(四半期ビジネスレビュー)

楽コムは理念、ビジョン、事業戦略を共有し戦略的ビジネスの関係性を強化するため、重要な仕入れ/販売パートナーの役員との間で四半期ごとにビジネスレビューを行っています。その場で戦略目標と活動計画の合意、相互の課題解決についての意見交換を行っています。

これまでの歩みと今後に向けてInterview

受賞企業としてのこれからの楽天コミュニケーションズ

私が楽天コミュニケーションズに入社してからの2年間の中でも数多くの「Quality Journey」の活動があり、会社の急速な変化を実感することができました。その取り組みが評価され、日本経営品質賞を受賞できたことは、本当にうれしいことです。しかし、受賞はあくまで通過点であり、目的地ではありません。今後もこの旅を続け、さらなる変革を実現していきたいと考えています。

喜多村 晃子

経営品質向上の取り組み全体を振り返って

2016年12月に第一世代を開始した当初は、私を含めてほとんどの社員が「経営品質」という言葉自体を知らず、その意味を理解するところからのスタートでした。フュージョン時代の苦労を知る社員、新しく加わった社員が共に学び共に成長していく過程を見て来たからこそ、今回の受賞は感慨もひとしおです。変化が激しいIT業界で今後も成長し続けられるように歩みを止めることなく取り組んでいきたいと強く感じました。

徳永 貴志

お客様本位の考え方への転換

振り返ってみると、私たちはQuality Journeyをきっかけに、自分たちの考え方を大きく変えることができたと感じています。目の前の仕事をこなすだけでなく、お客様の真のニーズを追求し、お客様本位で考え、行動することに重点を置くようになりました。結果として、こうしたQuality Journeyの哲学は、新サービス開発、既存サービスの機能や品質の改善にも大きく役立てられています。

森口 達也

日本経営品質賞とはJapan Quality Award

日本経営品質賞は、1995年12月、顧客の視点から経営全体を見直し、自己革新を通じて新しい価値を創出し続ける「卓越した経営の仕組み」を有する企業表彰制度として、経営品質協議会日本生産性本部が創設した制度です。
80年代の米国経済の復活に寄与したとされる米国国家品質賞「マルコム・ボルドリッジ国家品質賞(MB賞)」を範としているこの賞は、経営を体系的に評価し、組織の未来を創造する指針となる具体的な基準を公開し、その基準に基づいて自組織の経営を自己評価すること=セルフアセスメントを奨励しています。
この考え方は、ヨーロッパをはじめ、世界80か国以上の国や地域で展開されています。楽天コミュニケーションズは2021年度、日本経営品質賞大企業部門を受賞いたしました。

当社が評価された理由

  • 01.組織の一体感醸成と顧客志向への変革
  • 02.顧客にとって真に必要な機能を低コストで提供
  • 03.コア技術と先進技術の組み合わせによる価値創造
  • 04.スピーディーな開発プロセスを支える迅速な意思決定
  • 05.失敗を学習機会と捉え、チャレンジを奨励する組織風土
日本経営品質賞についての詳細はこちら (外部サイト)

お問い合わせ・講演依頼Contact

お電話でのお問い合わせ

03-5797-3531

10:00~17:00(土日祝 お盆/年末年始を除く)

メールでのお問い合わせ