Interview 03
挑戦し続ける理由がここにある
Sean
プリセールス 2019年 中途入社
これまでのキャリア
Career
大学を卒業後、スタジオミュージシャンを目指す。その後、ITベンチャーに入社し、大手通信キャリアに出向。社会人3年目の航空会社のネットワーク更改案件では、海外展開のチームリーダーとして活躍。メンバー10名のマネジメントをはじめ、ネットワーク機器の設定、オペレーション手順書の作成、さらに海外エンジニアのスケジュール対応や現地法人のオペレーション統括まで幅広く経験した。2019年に楽天コミュニケーションズに転職。
Topic 01
どうしてもやってみたい仕事を見つけた
前職で、航空会社のネットワーク更改案件で海外展開のチームリーダーを任されました。その際、ネットワーク技術の基本を習得し、マネジメントの経験もしましたが、最も興味を引いたのは、クライアントがユーザーとの接点となるコンタクトセンターの整備にかなりの時間をかけ、この拠点を重要視していることでした。また、それと同時に、もっとクライアントと深く接する立場で反応をダイレクトに感じたいという思いを募らせていました。そして、ちょうどその頃、楽天コミュニケーションズがコンタクトセンター向けの強力な商材を扱い、その導入提案と導入支援を行うプリセールスを募集していることを知ったのです。自分がやりたかったのはこの仕事だと直感し、すぐに応募しました。
Topic 02
導入実績をゼロからつくっていく醍醐味
楽天コミュニケーションズは、コンタクトセンター向けのクラウドサービスとして、メールはもちろん、音声通話、ビデオ通話、チャット、SNSなど多彩なチャンネルでユーザーと繋がれる「コネクト・ストーム」の展開を図っています。拡張が無制限であり、可用性も極めて高く、AIの実装を想定するなど、次世代のコンタクトセンター環境のスタンダードになれる可能性を持ったサービスです。私はこの商材のプリセールスとして、技術的な紹介から導入提案、設計、構築、動作テストに至るフローを担っています。主に楽天グループ内での展開を進めていますが、初の外販案件の受注にも関わることができました。まったく新しいサービスの提供でクライアントと接点を持ち、クライアントの求める理想の課題解決を提供していく今のポジションは、刺激に満ちています。
Topic 03
自分の伸びしろが大きくなる場所
コモディティ化して価格競争に陥っているサービスではなく、これから世の中を変えていくようなチャレンジングなソリューションを展開する当社では、プリセールスには案件を強力に牽引していこうとする当事者意識が必要です。そこにはIT全般に関する先進的な技術知識、自社サービスへの柔軟な理解力、クライアントへの提案力や調整力など、高度なスキルが幅広く要求されます。現時点において、私にそうした能力が十分に備わっているとは言えません。でも、自らの業務に正面から向かって進んでいく過程で、それらの一つひとつが鍛えられていることを感じています。日々、自分の伸びしろいっぱいまで追い込んでいる今、自分を最も高いステージに押し上げる絶好の環境にいると考えています。
Topic 04
追い越したい先輩がたくさんいる
プリセールスに求められる役割を十分に果たし、自力で案件を完遂させ、クライアントからの評価を獲得するのが、私の当面の目標です。正直に言えば、今はまだ先輩や上司のサポートを必要とする場面が多々あり、そこに歯がゆさを感じています。それほど先輩たちとは技術力においても提案力においても、相当のスキル格差があるのです。その距離を縮めるのは容易ではありません。でも、先輩たちを必死に追いかけ、その背中が見えるくらいにまで迫ることができれば、そのときは相当な実力が身についているはずです。目標とする人が身近にたくさんいることをまたとない環境だと感じ、常に自分をアップデートしながら、気負わずに何でも挑戦していこうと思います。
1日のスケジュール
Schedule
09:00
出社。To-doリストのチェック。クライアントやベンダーからのメールを確認。
09:30
ベンダー様へ問い合わせた事項の進捗確認。
10:30
プリセールスミーティングの実施。担当案件の進捗状況および技術ナレッジの共有。横展開や資料化すべき事象を検討する。
12:00
昼食。いつもカフェテリアを利用。
13:00
クライアント様へ向けた提案資料の作成。
15:30
作業分解構成図やスケジュールの更新。案件の進捗に遅れや不備がないかを確認。
17:00
ベンダー様とビデオ会議。案件の進捗状況を共有し、サービスの設計について問い合わせる。
19:30
退社。今日も英語の勉強後はジムでトレーニング。