トップ > 働き方改革を成功に導く次世代Web会議のススメ > 記事一覧

記事一覧

働き方改革を成功に導く次世代Web会議のススメ - 記事一覧

ストレスのないリモートワーク環境を。Web会議システムの音声品質を考える

Web会議システムにでよく課題とされる「音声品質」。『Web会議は音質が悪くて、使えない』とレッテルを貼る前に、一度マイクやスピーカーを見直してみるとよいでしょう。会議に参加する人数、場所、周囲の雑音有無など、シチュエーション別に最適な音声デバイスを選択することが、音質でストレスを感じることなくWeb会議を開催するポイントです。

Web会議システムによるテクニカルサポートの充実

IT業界や通信業界における電話のみのテクニカルサポートは、コミュニケーションに時間がかかりすぎて問題の解決が遅れがちです。しかし、Web会議システムを活用すれば、カメラ映像を通じて状況把握が容易になり、伝えられる情報量も増加するほか、専門スタッフの所在地に関わらずWeb会議に同席できるため、きめ細かなサポートの提供と迅速な問題解決が可能になります。

Web会議システムを活用したオンライン研修を成功させるには

昨今の人材不足、人材定着化対策の一つとして、社内研修の充実が挙げられます。従来型の集合研修に加え、Web会議システム等を活用したオンライン研修を導入することで、受講者は業務への影響を最小限にとどめながら研修に参加し、スキルアップを図れます。

BCPの最重要ポイント 従業員の安否確認に必要なプロセスとツール

BCPの初動対応として最優先にすべきことは、従業員の安否確認です。企業にとって、従業員の安否確認はどのような意義を持つのでしょうか。今回は安否確認をする際に押さえておきたいポイントと、安否確認をするツールとして必要な条件について考えます。

Web会議中に通信切断!スマートに対処する方法は?

ネットワーク環境によっては、Web会議の最中に映像のフリーズや音声の途切れが生じたり、通信が切断されてしまったりすることがあります。今回は、このようなトラブルの主な原因や、通信トラブルの予防と対処方法について解説します。

働き方改革の弊害「ジタハラ」にならない真の業務効率化とは

働き方改革への取り組みとして、労働時間を短縮するために残業をしないで早く帰宅することを上司が強要する、「ジタハラ(時短ハラスメント)」の悩みを抱えるビジネスパーソンが増えています。そこで、ジタハラが起きる原因や防止策について考えてみます。

オンライン面接の活用 迅速かつ多様な人材確保を成功させるには

Web会議システムの導入により、応募者の居住地を問わず多様な人材の確保に有効なオンライン面接が可能になります。オンライン面接が求められている背景と、成功に導くために気を付けるべきポイントについて解説します。

カスタマーサクセスに導くためのWeb会議の活用

顧客の要望に応えるだけでなく、顧客の成功を視野に入れてサポートする“カスタマーサクセス”という考え方が脚光を浴びています。カスタマーサクセスを実現していくには、顧客により近い立場からの戦略的な対応が必要ですが、WEB会議システムはそれを支援するためのインフラとして有効かもしれません。

インサイドセールスにおけるナーチャリングと顧客セグメント

ナーチャリング・セグメント・インサイドセールスは、最近注目されるマーケティング用語です。これらはどのような関係にあるのでしょうか。また、どのような効果を生むのでしょうか。今回は、インサイドセールスに必要なプロセスとツールをご紹介します。

地方自治体が取り組む働き方改革 テレワークとサテライトオフィス

政府を中心に推進される働き方改革。そのひとつとして、テレワークという働き方が注目されています。企業だけでなく、地方自治体も関心を寄せるこの働き方について、背景と実際に導入されている事例を紹介し、今後の課題を考えます。

ワーク・ライフ・バランスだけではない、働き方改革のメリット

昨今、働き方改革に取り組む企業が増えていますが、残業時間の削減を中心としたワーク・ライフ・バランスがクローズアップされている傾向があります。しかし、働き方改革の目的は残業を減らすことだけではありません。それ以外にどのような取り組みができるのか、企業にとっての働き方改革のメリットをご紹介します。

テレワーク普及への道 海外と日本のテレワーク事情

政府はテレワーク導入企業を2020年までに2012年の3倍とする目標を掲げていますが、テレワークに関する正確な知識はあまり普及していません。そこでテレワークの定義や種類を正しく認識し、どのように導入できるかを、海外の事情も含めてまとめてみました。

優秀な人材の囲い込み 企業がやるべきことは?

終身雇用制度が崩れて転職が一般的になっているなか、優秀な人材の確保と定着は企業にとって大きな課題です。今回は、優秀な人材は企業に何を求めているのか、そして優秀な人材の囲い込みのために企業は何をすべきなのかについて解説します。

オンライン面接の活用-採用競争を勝ち抜くために

近年は人材不足の傾向が続き、企業の採用競争が激化しています。そのような状況のなか、採用にあたってオンラインでの面接を行う企業が増えています。オンライン面接の普及が進む背景には、どのような理由があるのでしょうか。

在宅勤務者との1on1を実現するには

注目される在宅勤務という働き方と、新たな人事手法、1on1についてご紹介します。在宅勤務と1on1にはそれぞれどのようなメリットがあり、どのように両立させればよいのでしょうか。 “フェイス・トゥ・フェイス”の時間と環境を用意し、在宅勤務者にもリモートで1on1の面談が実施することができるようにしましょう。

インサイドセールスを効率化・最適化するツールとは

インサイドセールスの注目度が高まっているのは、どのような理由があるのでしょうか。また、国内のインサイドセールスにはどのようなツールが適しているのでしょうか。インサイドセールスと、従来の外勤営業との違い、日本と米国の営業感覚の違いから、その答えを探します。

効果的で有意義な会議の進め方とは?Web会議システムも活用した会議のコツ

Web会議システムを導入する企業が増えていますが、それだけで効率のよい会議を実現できるわけではありません。そこで今回は、Web会議システムの機能を活かしつつ、会議を効果的かつ有意義に進めるためのポイントをご紹介します。

会議の場でファシリテーション技法をどのように活用していくか?

会議の進め方に注目し、参加者の意見や本音を引き出すことで改善や成果に結びつける技法として、ファシリテーションが注目されています。充実した実りのある会議を実現するには、状況に応じてファシリテーションの手法を適切に使い分けることが重要です。

Web会議システムを活用した遠隔授業を成功させるには?

ICTにより、遠隔授業はリモート勤務の従業員に対する教育にも活用分野が広がりつつあります。こうした流れのなかで遠隔授業の効果を高めるには、Web会議システムならではの機能の活用やインタラクションの確保、受講者へのファシリテーションが可能な仕組みを用意すべきではないでしょうか。

無駄な会議をなくしたい!会議を効果的に進める7つのポイント

有効に時間を使い、生産性の高い会議を行うためには、注意すべき「7つのポイント」があります。さらに「会議後」の対応も重要です。こうして会議の質を向上させることは、社員一人ひとりはもちろん、会社全体のパフォーマンスをアップさせます。

「Web会議システム導入案」を通すための「稟議書」の作り方

Web会議システムを導入するに当たって、必要となる稟議書。会社の現状にあった「目的」を記しましょう。また「事業へのインパクト」「費用対効果」「導入スケジュール」は、「具体的な数字」を提示することで、説得力のあるものにしましょう。

商談におけるWeb会議システム利用のメリットとは

従来は事前にメールで資料を送り、電話で説明するというスタイルだった商談。でもWeb会議システムを使えば、あなたが伝えたい情報も、顧客が知らせたい要望も、リアルタイムにかつ確実に「目に見える形で」共有できます。また専門職も交えることで、商談もスピードアップします。

フィールドエンジニアの運用保守業務を効率化 外出先と担当者をつなぐ「Web会議システム」

「Web会議システム」を用いることで、フィールドエンジニアの業務効率も大幅にアップ!「トラブル時にリモートから確認できる」「専門家のノレッジを有効活用できる」「無駄な訪問を回避できる」など、顧客にも企業にもメリットが大きいからです。

コールセンター業務にさらなる安心感を。顔が見えるシステム導入のメリットとは?

コールセンターでのWeb会議システムの需要が高まっています。電話やチャットと違い「視覚でも説明できる」「お客さまの心理的障壁が下がる」「顔が見えて安心」「対応時間が短縮する」など、お客さまにも企業側にもメリットが大きいため、注目されています。

電話やメールの落とし穴。言葉だけに依存しない「非言語コミュニケーション」の重要性

「電話」や「メール」によるコミュニケーションにはそれぞれ長短があることを理解し、うまく使い分けることが大切。「相手に正確に理解してもらうこと」「細かいニュアンスや思いを伝えること」を重視するなら、表情までも瞬時に理解できる「Web会議システム」が有効です。

働き方改革とWeb会議の重要性を考える

2017年は“働き方改革元年”です。企業は社員のワークスタイルの改革が求められています。Web会議システムはこうした働き方改革を支えるツールとして近年更に注目が高まっています。

WebRTC非対応ブラウザでもWeb会議を実現。アプリのイントールも不要な「コネクト・ライブ」

「働き方改革」が求められる昨今、リモートでのコミュニケーションを実現するWeb会議ツールのニーズが高まっています。既に社内で利用している方も多いかと思いますが、なかなかうまく運用できていない方も多いのではないでしょうか。WebRTCの技術を使った新サービス”コネクト・ライブ”は、こうした企業の問題を解決し、リモートコミュニケーションをもっと身近にします。

十分にコミュニケーションとれていますか?社内のコミュニケーション力の高め方

コミュニケーション不足が叫ばれるなか、働き方改革によって時間や場所を問わない働き方が求められる昨今。こうした課題を解決するための最適なITソリューションとして、Web会議システムを導入して社内外のコミュニケーションの機会を増やそうとする企業が増えています。

業務効率を飛躍的に高める社内コミュニケーション改善策とは?

働き方の多様化に伴い、社員間のコミュニケーションのあり方を見直す企業が増えています。対面による会話や電話、メールといった従来の手段に加えてWeb会議システムを使ってコミュニケーションの効率化/活性化を促進するケースが見られます。

グローバル営業だって効率化できる!海外の顧客とも簡単に会議をする方法

グローバル化が進むなか、海外進出の切り札としてWeb会議システムへの関心が集まっています。世界中の顧客との商談の機会を増やし、海外拠点での運営費用や渡航費などの削減効果も見込めます。グローバル営業を支えるツールとして重要性が増しています。

Web会議システムを選ぶ際に確認すべきポイントとは?

Web会議システムを検討する際、どんな機能を中心にチェックすればよいのでしょうか。自社の要件を満たす機能の有無を必ず確認するとともに、自社のビジネスや働き方にとって最適なシステムを選ぶようにします。

外出先から会議に出席?ノートPCやタブレット活用で「仕事ができる時間」を増やす

外出が多い営業担当者の働き方が変わりつつあります。PCやタブレットを使うことで時間や場所にとらわれず仕事をすることができます。Web会議システムを使えば、対面が当たり前だった会議や打ち合わせも、外出先での空いた時間に対面で済ませられるようになります。

Web会議システムの導入で増えるコスト/減るコスト

Web会議を導入する場合、導入によって増えるコストとともに、リモート化することで削減が期待できる潜在的なコストに目を向けることが大切です。具体的にどんなコストが増えて減るのか。それぞれのケースを取り上げます。

ビジネスにおけるコミュニケーションコストとは?その低減方法は?

コミュニケーションの取り方は多様化しています。メールのように簡単に使えるツールがある一方、内容や相手などに応じて使い分けなければ、コストが上昇してしまいます。コミュニケーションの価値とコストに目を向け、最適な手段を、意識的に選ぶようにすることが求められています。そのなかで、Web会議は有効なコミュニケーション手段のひとつとなります。

その会議、外に漏れていませんか?Web会議のセキュリティをチェック

Web会議でやり取りする会話や資料が外部に漏れないように、セキュリティに配慮する必要があります。具体的にどこに注意すべきか。WebRTCがどのようなセキュリティ対策を施しているのかを含め、考えてみましょう。

シーン別WebRTC活用アイデア

遠隔拠点間の会議に使われるWeb会議ですが、その用途は社内会議だけではありません。営業活動や在宅勤務者を支援したり、災害時の安否確認ツールやBCP対策の切り札になったりします。WebRTCベースのWeb会議を採用することで、リモートコミュニケーションをより簡単により身近に利用できるはずです。

TV会議のあのストレスから解放!Web会議システムなら簡単に打ち合わせスタート!

TV会議システムは操作手順の事前確認やカメラの設定など、何かと気にしなければならないことが多く、会議開始時に「接続できない」といったトラブルが起こりがちです。こうした問題を解消できるのがWeb会議システムです。Web会議システムの容易さやメリットについて考えます。

【用語解説】Web会議とTV会議/ビデオ会議って何がちがうの?メリット・デメリット

Web会議やTV会議、ビデオ会議……。似たようなワードですが、各会議システムの違いはどこにあるのでしょう。機能はもとより、導入時の違いや想定している使い方なども踏まえ、それぞれの違いやメリット・デメリットをまとめています。

「働き方改革」の切り札となるか!? ~サテライトオフィスという選択肢~

「働き方改革」の一環で注目を集める「サテライトオフィス」。実際に運用するためには、様々なIT環境を構築する必要があります。本社のスタッフとサテライトオフィスのスタッフとのコミュニケーションが不足しないよう、Web会議のようなシステムを導入することも検討すべきでしょう。

社内コミュニケーションツール導入を成功させるコツ

初期導入費や月額料金を抑えられるWeb会議システム。しかし導入時にはこれらの費用だけではなく、利用することで具体的に削減できるコストを洗い出すことが必要です。セキュリティ対策にも目を向け、自社にとってふさわしいツールかどうか検証することが欠かせません。

Connect Live 詳細はこちら

資料請求・お問い合わせ